私が前のめりになる瞬間

色んな場所に出かけると、本当にいろんなコトに出会います。
自分で言うのもなんですが、共感力はアホほど高いと思います。
それが、いいか悪いかは別として。

「すごーーーい!」「まじで!」「ステキ!!」
この3語があれば、感動した時のおーみの会話は大体成立します。笑
見方を変えれば、「コメントが薄いバカなヤツ」ってことなんですが、ほんとに感動した時って、パッと出てくるのはこんなもんじゃない?
幸せだわ、私♥

私が、その3語の壁を越えて前のめりになる瞬間があります。
それは、どんな時か?

場所やコトにかかわるヒトの姿が見えたとき。
「えっ?それもう少し聞かせてください。」「その方、どんな方なんですか?」「うわー、会ってみたいです」
いきなり言葉の数が増えます。笑

work hair
work hair / Evil Erin

キレイな景色を見て「わー、すごーい」ってなる。
美味しいもの食べて「わー美味しい」ってなる。
だいたいここまで。それ以上は追っかけない。
ステキな人に出会ったら「スゴイなこの方!もっと話したい。もっと知りたい。」ってなる。

完全に前のめり。
私が、「もっと知りたい」って思う対象は、場所でもコトでもモノでもなく、ヒトなんです。
世の中には、びっくりするような面白い人がいっぱい!
死ぬまでに、どれくらいそんな人に会えるかな?
楽しみです♪

得意なこと、ニガテなこと

自分で仕事を始めて、約5か月。
気づいちゃったこと。

私は、やっぱりゼロからイチを作るのがニガテ。
っていうと、大体「えぇーーー?!うそー?!」って言われる。

自分では分かってる。
私は特に独創性もないし、創造力もない。(想像力はたくましいけど)
だから、クリエイターやアーティストと呼ばれる人たちは、ほんっとーに凄いと思う。
そこには、尊敬しかありません。
と同時に、ものすごいコンプレックスも感じます。

ここで、「ちきしょー」とか言って、同じ土俵に上がろうとしないところがおーみ流。
そんなもん、怪我しますからww
骨折くらいじゃ済まされない、大怪我しますからっ

Work sucks
Work sucks / michelhrv

じゃあ私の得意なことって?

イチに近づいてきたものをより良いイチにしたり。
もともとイチのものをニやサンにしたり。
つまり、育てることが得意です。

物事の本質を見出して、大きくする。
内側のポテンシャルを引き出す。
そのサポートが私の仕事。

私の仕事はハッキリ言って地味な仕事です。
でも、そこには大きな価値があるはず。
そんなことを考えながら、日々仕事をしております♪